<< うれしいお便り | main | 日本の学童ほいく10月号 >>
文庫と立体カード

最近、ご近所のはらっぱ文庫で立体カードの紙工作を、子どもたちと一緒に作っています。

どうやったら作りやすいかな、喜んでもらえるかな、と準備するんですが、

なにより、子どもたちの作るものは、おもしろい!んです。

 

   

 

文庫では、ろうそくを灯して絵本の読み聞かせやお話がはじまります。

子どもたちは思い思いに耳をかたむけます。

みなさんの声がそれぞれその方らしくて素敵だなあと思います。

最後に子どもたちがろうそくの火を消して、物語の時間はおしまい。

わたしだったらきっと、ろうそくの火を消す順番がくるのが待ち遠しいだろうなあ。笑

 

小平中央図書館で開催された「文庫まつり」でも、子どもたちと一緒に立体カードを作りました。

色ぬりに没頭する子、じいっとなやむ子、みんないい時間!

 

わたしの作った見本

 

*立体カード、実は昔一時期ハマりまして、

「母の友」2006年8月号 (福音館書店)に、3Pほど付録付きで掲載して頂いたこともあります。

| 日記 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.fumikas.net/trackback/225
トラックバック