<< 春一番 | main | 黄色い電車 >>

この景色がなくなってから8年がたちました。

中学生の時に描いた絵です。

夏休みの宿題で、父の実家で描いたんじゃないかな。

この港に行くまでのなんてことない道すがらが好きだった。

当時担任だった先生に昨年同窓会でお会いして、

お返しいただきました。

ずっと玄関に飾ってくださっていたそうです。

 

 

今見ると、一生懸命描いているなと思います。

絵が描けることの幸せ。

これからももっと一生懸命描いていきたいと思います。

 

| 日記 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.fumikas.net/trackback/252
トラックバック